激動の昭和の時代と、「岡崎」を中心に西三河、愛知県などこの地方の現在・過去・これからの情報を随時更新していきます。 ときどき、我が家でのおもしろ情報もアップしていますので、読んでみてくださいね。

100k

東京オリンピック 1964年

オリンピックの名花、体操の名花、東京の恋人、と呼ばれた女子体操選手とは

更新日:

東京オリンピック 1964年 女子体操」で少しだけ触れました、

tyahu
「オリンピックの名花」、

「体操の名花」、

「東京の恋人」

 

について書かれた新聞記事を見つけましたので、

改めてご紹介したいと思います。

 

「名花」・「恋人」情報

<氏名・年齢等>

ベラ・チャスラフスカ(1942~) 当時22才 旧チェコスロバキア(現チェコ) 

※2016年8月30日没 74歳

 

<愛称>

オリンピックの名花、体操の名花、東京の恋人

 

<東京オリンピック成績>

金メダル…個人総合※1、※2、平均台、跳馬

銀メダル…女子団体総合

※1 1位のチャスラフラスカは22歳、2位はラチニナ30歳(ソ連)、3位アスタホワ28歳(ソ連)。

(当時10代の体操選手はまずいなかったそうだ。因みに同大会の日本人選手のなかに、30歳の2児の母、28歳2児の母がいた。)

hosijositaisoimg077 ※2 当時チェコスロバキアはソ連の衛星国だった。(ワルシャワ条約機構)

新しい記事とは?!

チャスラフスカ2
 

昭和39年10月26日(月)中部日本新聞より

<記事内容>

新女王誕生

真っ赤なユニホームの躍動美。

静まり返った一瞬。

ブロンドのおくれ毛をそっとなであげるチャスラフスカ。

彼女は東京体育館の人気をひとり占めにした。東欧チェコの美女。

二十二歳、160センチ、55キロのはちきれそうな身体が

器械やフロアいっぱいに織りなす躍動の名演技に観衆は酔った。

金メダルがふくよかな胸に大きくゆれていた。

ラチニナからチャスの時代へ。

新しい体操の女王は「ドウモ、アリガト」。

かたことの日本語がかわいらしかった。

昔の新聞記事の表現って、ちょっと何じゃないですかねぇ?

やはり大らかな時代だったからなのでしょうか。
  • 「ブロンドのおくれ毛をそっとなであげる」
  • 「はちきれそうな身体」
  • 「金メダルがふくよかな胸に大きくゆれていた」
男性誌ならともかく… (個人的には問題ありませんが(^^))

やはり、凄い人気だったということなんですよね!

 

当ブログ記事の動画です↓



-東京オリンピック 1964年
-, , , ,

Copyright© 100k , 2017 AllRights Reserved.