アベベ選手については、前に「東京オリンピック 1964年 マラソン」で書きましたが、
1960年のローマオリンピックに彗星のごとく現れ、裸足で走り、金メダルを獲得して
話題となりましたが、実は東京オリンピックでマラソンを走った時は、裸足ではなかった。


当時の新聞(中部日本新聞 昭和39年10月26日)記事にこう書いてあります。
 

白グツの勇者   (裸足ではなかったのだ)

右写真記事は、こう書いてあります。アベベ選手
「ものすごい早いペース。
快走を続ける”カッ色の勇者”アベベに、
沿道の観衆は盛んな拍手を送り続けた。


だが、専門家の間では
「いつつぶれるかが見もの」
という声がささやかれていた。


それほどアベベのペースは早く、
無謀にさえ見えたのだ。


しかし、アベベは割れるような
七万五千の大観衆の見守るなか、
小柄なからだを国立競技場にみせた。


アベベはつぶれなかった。

四十二・一九五㌔のコースを2時間12分11秒2の
驚異的な記録で突っ走った。
オリンピックの花、マラソンで初の二連勝という
大偉業を成しとげたのだ。


甲州街道を突っ走る”ハダシの勇者”の足に、ドイツ製のクツが白かった。

ドイツ製の靴って?

アベベ選手は、ゴール後取材陣の質問にこう答えたそうです。

「ローマを裸足で走ったのは、歴史を作りたかったのだ。
今度は、ドイツ製の靴を使った。 ベリーグッドだった」


取材陣がどういうきき方をしたかはわかりませんが、
このドイツ製の靴というのは、ご存知!


PUMA


PUMA
ドイツでスポーツシューズを開発していた兄弟がけんか別れし、
弟が設立した会社

ちなみに「adidas」は、兄が設立した会社です。

偉大な兄弟です。

オニツカのシューズではなかった

pp_torakkuhashiru500 アベベ選手は、東京オリンピック前の
1961年に出場した 毎日マラソンでは、
オニツカ(鬼塚株式会社 現:asics)の
シューズを履いて優勝したのに、
オリンピックでは、 履いてもらえなかった
そうです。


日本メーカーのシューズを履いて、
東京オリンピックで 優勝してほしかったな。