激動の昭和の時代と、「岡崎」を中心に西三河、愛知県などこの地方の現在・過去・これからの情報を随時更新していきます。 ときどき、我が家でのおもしろ情報もアップしていますので、読んでみてくださいね。

100k

東京オリンピック 1964年

東京オリンピック 1964年 バレーボール

更新日:

100Kの記事、「東京オリンピック 1964年」でご紹介しました、16個の金メダルの獲得種目について、今回は「バレーボール」について、調べてみました。(ウィキペディア、JOC日本オリンピック協会HP等から)

東京オリンピック 1964年 ◇バレーボール 成績

<男子>

10カ国1回戦総当たり方式(参加国 ソ連、チェコ、日本、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、ブラジル、オランダ、アメリカ合衆国、韓国)

①ソ連     8勝1敗  日本がセット数3-1で勝

②チェコ    8勝1敗  ソ連がセット数3-2で勝

③日本     7勝2敗  チェコがセット数3-1で勝、ハンガリーがセット数3-0で勝

④ルーマニア  6勝3敗

⑤ブルガリア  5勝4敗

⑥ハンガリー  4勝5敗

<女子>

6カ国1回戦総当たり方式(参加国 日本、ソ連、ポーランド、ルーマニア、アメリカ合衆国、韓国)

①日本     5勝0敗

②ソ連     4勝1敗

③ポーランド  3勝2敗

④ルーマニア  2勝3敗

⑤米国     1勝4敗

⑥韓国     0勝5敗

バレーdake071

参考までに「ロンドンオリンピック 2012年」の男女バレーボールの結果を見てみます。

<男子>

①ロシア

②ブラジル

③イタリア

※日本は、オリンピック最終予選で敗退

<女子>

①ブラジル

②アメリカ

③日本

 

日本ではバレーボールは昔から結構人気があり、オリンピックでのメダル獲得数も多いのではないかと、調べてみましたら、なんと1984年のロサンゼルスオリンピック(江上由美、中田久美、広瀬美代子、三屋裕子各選手はすごい人気だった。ちなみにわたしは、三屋選手を応援してました)で女子が銅メダルを獲得して以来、2012年までの6大会メダル獲得がなかったことがわかりました。

意外でした。

 

 


-東京オリンピック 1964年
-

Copyright© 100k , 2017 AllRights Reserved.