激動の昭和の時代と、「岡崎」を中心に西三河、愛知県などこの地方の現在・過去・これからの情報を随時更新していきます。 ときどき、我が家でのおもしろ情報もアップしていますので、読んでみてくださいね。

100k

東京オリンピック 1964年

東京オリンピック 1964年 女子陸上36年ぶり入賞した依田選手とは

更新日:

100Kブログでは、ひょんなことから押入れのタンスから

出てきた、
「1964年 東京オリンピック」の新聞記事
発端で、まだわずかでは ありますが、
同オリンピックをはじめにその他オリンピックの
各競技で主に金メダルを獲得した選手たちを
焦点にして書いてきました。


が、それら選手達を調べているなかで、
女子陸上の依田選手のことを 書いた記事が
目に留まったので、読んでみました。


依田選手とはどんな選手だったのか!?

依田レモン
 

氏 名:依田郁子(よだいくこ)選手 (東京オリンピック当時26歳)

出身地:長野県

所 属:リッカーミシン

種 目:女子陸上80m障害

成 績:世界5位 (この記録は、人見絹枝選手(1928年、アムステルダムオリンピック 女子トラック種目 800m)以来、36年ぶりの入賞)

<右新聞記事内容>
記事内容は以下のとおり。(字が小さいので)


 スタート前
レモンを口にあてるとすっぱい味がジーンとしみる。
「いいえ、気を落ち着けるためなんです。
こめかみにサロメチールを塗るのも……」。ムギワラ帽子。成田山と明治神宮のお守り。
男のようなとんぼ返り。かつげる縁起はみんなかついだ。
だが、この日、期待の八十㍍障害で、惜しくも5位となった。
スタンドでジッと見守っていた恩師吉岡コーチはやめていたタバコにはじめて火をつけた。


参 考吉岡コーチ…「暁の超特急」と称された、吉岡隆徳コーチのこと。
(※吉岡隆徳・・・男子100m 10秒8 世界6位 ロサンゼルスオリンピック 1932年にて 得意のスタートダッシュは、同種目の金メダリストからも認められていた。)

 

依田選手の何に目が留まったのか?

依田顔
前見出し写真及び、上顔写真横の新聞記事内容にもありますが、

依田選手のスタート前の奇行というか、儀式というか、今風でいうならば、パフォーマンスというのでしょうか…。

サロメチール実は、こめかみだけではなく全身に塗りたくったり、

唾も手に吐いて全身に塗りたくる。また、とんぼ返りの他に前転もしていたようです。

依田選手に何が起きたのか?! そして最期

もともと、そういうものをもっていたのでしょうか。

彼女は、東京オリンピック後に引退し結婚をされ、引退後は後進の指導に
当たられていたようですが、1983年、45歳で突然遺書も残さず自殺されています。



※驚いたことに、自殺された年から遡ること23年前、彼女は、東京オリンピックが
開催される4年前の1960年ローマオリンピックの代表選に漏れた年に自殺未遂
起こしていました。


彼女は亡くなる前に膝の手術を受けたが、術中にアクシデントから手術を中断。
その後、亡くなる直前まで普通に家事をこなしていたようですが、家族に内緒で鎮痛剤を所持していたそうです。


自殺原因は、今でも不明となっています。


-東京オリンピック 1964年
-

Copyright© 100k , 2017 AllRights Reserved.