激動の昭和の時代と、「岡崎」を中心に西三河、愛知県などこの地方の現在・過去・これからの情報を随時更新していきます。 ときどき、我が家でのおもしろ情報もアップしていますので、読んでみてくださいね。

100k

岡崎(おかざき・Okazaki)

岡崎 悠紀の里 六ツ美歴史民俗資料室を見学して来ました

更新日:

平成25年6月9日に地元(岡崎市中島町)でオープンした、

岡崎市地域交流センター六ツ美分館悠紀の里」に
(H25.9.1)見学してきました。


DSC_0484
見学に行った時間が、日曜朝10時頃だった せいか、

駐車場はガラガラだったので 見学するに心細くなります。

        • 開館時間…午前9:00から午後5時まで
        • 休刊日…毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日以降の最初の休日でない日)
        • 場所…岡崎市中島町字上丸ノ内7番地4
        • 見学料金は、もちろん無料(2013.9.1現在)
            • 悠紀の里チラシはココ
           

          そもそも悠紀って何


          DSC00436


           

          天皇即位の大嘗祭を行うには、 祭りに備える稲を出す斎田を選ばないといけないのですが、

          悠紀(ゆき)は 東日本、 主基(すき)は西日本から選びましょう ということが 原則とされているようです。

          六ツ美地域は、大正4年(1915年)に大正天皇即位の大嘗祭を行うにあたり、悠紀斎田として選ばれました。(因みに主基は香川県山田村)
          以降、毎年「お田植まつり」を行っています。


          (※平成27年6月(2015年)には、100周年を迎えることから記念行事の準備が進められているようです。)

           

          悠紀の里 六ツ美歴史民族資料室に侵入

          まずは、外からですが地域の皆さんの力の入れようは想像できます。

          DSC00421
           

          ↓資料室入口からの画像です。「奥行き」までうまく表現できていませんが、

          実際は見た目よりこじんまりとしています。

          DSC00424

           

          フロア床です。いいデザインです。

           

          DSC_0481
           

          「奉耕者衣装」女性奉耕者の衣装。右作業服、左式服。名古屋市内の呉服店で制作されたそうです。

           

          DSC00445

          土師器です。地元遺跡から出土された土師器が展示されています。

           

          DSC00425

           


-岡崎(おかざき・Okazaki)
-, , ,

Copyright© 100k , 2017 AllRights Reserved.